2018年4月19日(木)

ぎっくり腰のコラム 腰痛のコラム 自律神経失調症

腰痛や首の痛みの急性痛

この4月の中旬の時期は暖かくなったと思ったら寒くなり、また暖かく、暑い位の気温差になってしまいます。

このような気温差になると人が感じとる気の流れ、血の流れ、水の流れに狂いが生じてしまい各臓器の働きにも停滞などが起こり、いろいろな筋肉が硬く張ったような状態になってしまいます。

また自律神経のバランスも悪くなり気持ちも落ち込みがちになったり不安定になると同時に筋肉も硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなると奥の繊維も失われて、特に寝ている間に発汗し水分も失われて朝起きた時に痛くなるケースが多いです。

急性痛になる腰痛や首の痛みは気候や、気圧、水分減少やストレスによる自律神経のバランスによって痛くなる事が多いので、普段の生活に注意して行きましょう。

外出には汗を吸収しやすい下着に、とにかく冷えないよう暑くなってもすぐに脱げて、夜など寒くなっても簡単に着れる上着にするなど、普段から水分を1,5リットル以上摂取するよう心がけて寝る前もしっかり水分を取って就寝しましょう。

自由が丘の整体 タマイヒーリング自由が丘では五臓六腑を確認して原因を追求して施術を行っていきます。違和感を感じた方はご連絡くださいませ。