2017年12月1日(金)

肩こりのコラム

デスクワークと肩コリ

皆さまも肩コリと肩甲骨辺りのコリや痛みに悩んでる方も多いかと思います。

現代ではデスクに向かって仕事をする時間が多く頭が重くどうしても頭が前に出てしまい肩も前に入ってきます。

特に女性は男性と比べて骨格が小さいため筋肉が膨張した際に鎖骨下動脈を圧迫しがちで手の痺れや頭痛や肩コリや肩甲骨までの痛みなどの症状になる時があります。

この上記の症状を胸郭出口症候群と言います。この胸郭出口症候群は女性に多いのですが男性では筋肉質な方にも出る事があります。

筋肉が膨張しないで圧迫しないようにするためにはいくつかあります。

デスクワークの際に肩が前に入らなく背骨が猫背気味にならないようお腹を張ったり眼精疲労にならないよう心がけたりする必要がありますが、なかなか簡単にはできないので、座った際に多く重ねたタオルをお尻より前半分だけ敷くだけでもも足が上がりパソコンに向かう際に背筋が伸びますので自然に頭も後ろに引きます。

これを1時間続けて1時間ごとに休憩したと時に立って背伸びストレッチをするように心がけ、その時に水分も多く摂る事でストレス減少にもなりますのでタオルを敷く、もも足が上がる事で背筋が伸びて、もも足が上がり続けると1時間ごとに休憩を取りやすい意識になり、背伸びストレッチと水分補給をする事で気分もリラックスして、また仕事に打ち込めます。

自由が丘のタマイヒーリング自由が丘では整体を主に経絡指圧で身体を整えていきます。